将来性,稼げる,職業

建築施工管理技士の資格は こんな感じ

1・2級建築施工管理技士の技術検定制度は、建設業法第27条に基づき、国土交通大臣指定期間が実施する国家試験です。

 

1級建築施工管理技士の資格を取得すると、特定建設業の「専任の技術者」及び「監理技術者として認められます。
2級建築施工技術者の資格であれば、一般建設業の「専任の技術者」及び「主任技術者」として認められます。

 

この様に建設業関係では施工管理技士は大きなメリットを持つ重要な資格で、工事現場の技術責任者として高く評価されます。

 

2級の学科試験は17歳以上であれば誰でも受験可能です。

 

但し、令和3年度より建設業法が改正され現行制度での試験は最後になります。
従って資格が取りやすいのは今年が最後ですね。

 

 

この様に再編されます。

 

ちょっと面倒になりますね・・・

 

建築施工管理技士の資格は、2級の学科であれば真面な参考書1冊を理解できば取得はできるでしょう。
しかも65問中の40問の得意な分野(範囲)を選択できますので楽です。

 

ただし、問題は受験資格で2級の場合は必要な実務経験年数が4年以上となりますので現在建築関係に4年以上お勤めしている方でないと受験資格がありません。

 

実地試験は出題数が5問で全問記述形式です。
建築関係の仕事に就いていれば決して難しい問題ではありませんが、寧ろライティングスキルの方が必要かもしれません。
解っちゃいるけど施工方法をどのように文書化したらいいのって感じです。

 

 

 

宅地建物取引士の資格を取得すれば、特に必要な資格でもないのですが此方の職業から不動産関係の分野に憧れて来る方が意外に多いことも事実ですので参考までに


最短で宅地建物取引士の資格を取得したい方は此方を → 宅建試験に独学でサクッと合格するツボ式学習法 宅建最短合格音声講座
page top