稼げる職業資格

★★★ THE   GATEWAY    TO   SUCCESS ★★★

火事でお隣延焼「類焼補償特約」

FP試験によく出る問題!

 

@ 私の失火で燐家が全焼。私の火災保険で保険金は出るか(・・?

 

A 隣の失火で当家が全焼。私の火災保険で保険金は出るか(・・?

 

失火は「過失」です。
燐家に延焼したら損害賠償の責任です。

 

「民法第709条・・・故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」

 

しかし、「失火の責任に関する法律・・・民法第709条の規定は、失火の場合には適用しない。
但し失火者に重大な過失があった時はこの限りでない。」

 

失火では重過失でない限りは燐家への賠償責任を負いません。
法律上は「お隣に迷惑をかけても賠償しなくていい」 のです。

 

火災保険も法律に従う為  @の答えは「NO」   Aの答えは「YES」

 

これが、保険プロの常識
「お隣の失火で自宅が燃えてもお隣は賠償しません」
だから自分で火災保険に入るべきです。

 

ただこれはプロの「常識」で、「世間の常識」とは違います。
世間の常識は、「私の失火で燐家が全焼したなら私が賠償する」です。
それが法律以前の、まともで健全な常識です。
「火元である自分の家を再建築するお金があるなら、そのお金でお隣を再建させて当然だ。」

 

が、保険のプロにはその常識が伝わらない。
「お隣も火災保険に入っているはずだから大丈夫」

 

「他人に迷惑をかけたら賠償する」を常識と思う人なら、火災保険の類焼損害補償特約です。
某保険会社のパンフレットには「ご自宅からの出火により、ご近所の住宅や家財を類焼し、類焼先の火災保険で十分に復旧出来ない場合、法律上の賠償責任が生じない場合であっても復旧費用の不足分を補償します。」

 

延焼先の燐家が火災保険に加入していれば、先ずは燐家の火災保険を使って貰います。
それで損害がカバー出来ないとか、無保険ならば補償する特約です。
(燐家が居住用の場合に限ります。店舗・事務所・工場等は対象外。また家財等も対象外)
某保険会社では1事故上限1億円で保険料は年2000円程度なので知っておいてもいいでしょう。

 

火元としてご迷惑をかけても、この特約で燐家は建て直せます。
他人への賠償なので本来は個人賠償責任特約なのでしょう。

 

 

 

 

 

最短で宅地建物取引士の資格を取得したい方は此方を → 宅建試験に独学でサクッと合格するツボ式学習法 宅建最短合格音声講座
page top