将来性,稼げる,職業

新型コロナ禍に 起きやすい 問題

型コロナ感染者が毎日増え続けていますが、皆様方におかれましてはお変わりありませんでしょうか。
私達国民も新型コロナの絶滅を目指すべく不要不急の外出は控え、感染拡大をくいとめなければなりませんね。
私達も身近な大切な人の命を守るために、今自分達のできる限りの事はやっていくつもりです。

 

 

 

 

 

          作成中

 

 

 

 

不要不急の外出を避け、こんな時だからこそ資格試験の勉強に取組むのも一つの方法ではないでしょうか
コロナ流行以前は、時間はいくらあっても足りなかったでしょうが
今は人によっては時間が有り余っているはずです。

 

時間は有意義に使うべきです。
今、将来の為にいいタイミングだと思ってい有意義に時間を使ってください。
部屋に籠って試験勉強することは、まさにコロナ対策になる事まちがいなしです。一石二鳥

新型コロナ禍に 起きやすい 問題記事一覧

さて、コロナ禍で収入が減り住宅ローンの返済が滞ってしまうなんて事が、現実として有りえる昨今対処法は知っておかなければなりません。「収入減で住宅ローン返済は限界。この先で何が起きるのか?」コロナ禍での銀行は優しくて、相談すれば 「当面は金利だけで」。1年後 ? 銀行は「様子は如何」「まだ ダメ」 と答えれば延長か?精神的金銭的に余裕がある内に、先に考えて心で決断します。道は二つ。@ 銀行と戦い 競売...

もし、賃貸住宅物件に感染者が出たとしたら賃貸物件管理会社は、感染者のプライバシーに配慮し他の入居者に対し通知すべきではない。オーナーへの通知は管理受託契約上の報告義務がある。賃貸物件管理会社は、他入居者やオーナーから感染入居者を退去させろと言われたら「感染症に感染したことは賃貸借契約上の解除事由にはならない」管理会社が対応せずとも責任はなし。感染入居者退去後の新入居者へその旨の告知義務は適切に物件...

相続税や贈与税の土地の評価にあたっては、市街地は原則として路線価で計算することになっています。その路線価は、毎年1月1日時点での時価であり、それがその年を通して適用されるきまりです。しかし、現在のような状況下、地価の下落が著しい地域もあるようで、税務署も年の途中で路線価を調整する異例の事態が起きているようです。相続税や贈与税の路線価格は、その年の1月1日の時価として、毎年7月上旬に公表されます。そ...

最短で宅地建物取引士の資格を取得したい方は此方を → 宅建試験に独学でサクッと合格するツボ式学習法 宅建最短合格音声講座
page top