将来性,稼げる,職業

努力なくして理想の道は無い 行動するのみ

 

 

(社蓄の場合)
○頑張って働いても安給料のまま
○起床→通勤→労働→帰宅→就寝 毎日これの繰り返し
○上司には嫌味を言われストレスだらけ
○休暇は家族サービスで自分に使える時間が無い
○今の会社が倒産しない保証はあるのか?
○自分で使えるのは、おこずかい程度の金額 

 

 

(一人社長の場合)


○頑張れば頑張るほど所得が増える
○仕事をしながら自分の時間を自由に作れる
○怒られる事はない。自分で自分に喝を入れるだけ
○何故か仕事をする時間より自由な時間の方が多い
○自分で稼いだ収入だから生活費を引いても自由に使える
●要領よくやらないと収入は無い(当たりまえのリスク)

 

上記の様な「動機」と行動力が大事

 

単純にこんなに理想的な環境が変わるのに何で「行動しないのか」
答えは簡単 「努力するのが面倒」だからだ

 

努力しないで理想的な家庭環境を築ける筈はない、賭け事で大儲けしたとしても
一時的な事で何の解決にもならない。

 

努力と言っても、宅建士の資格を取得することは全然不可能な話しでもなんでもない。
弁護士・司法書士・税理士だったら不可能だよ と言われても仕方がないが、
宅建士だったら半年間、「テレビは見ない・酒は飲まない・遊びに出かけない」位の覚悟
で試験勉強を集中してやれば、そんな難しいことでは無い。

 

私の経験上、試験勉強でストレスが溜まった時の解決法は、レンタルDVDで解消した。
如何わしいものじゃなくて戦争映画これがいい
出来るだけハードな戦争映画が良くて、理屈じゃなくやたらドンパチやるやつで、
家族が外出している時とかにボリュームを上げて見ると良い。
私の場合は三本をいっきに見た。
自己啓発の本を読むよりも余程効果がある。

 

 

それに宅建士の試験勉強は意外に楽しい。
まるっきし畑違いの知識でもない、結構生活に直結している知識を学ぶ訳だから
興味深々で深みに嵌る。
楽しいから覚えられる、興味が湧くから理解できる、結果的に宅建士の資格は
取得しやすいとなってくる訳だ。

 

そんなわけで努力と言っても「自分の為の努力」「将来性の為の努力」「家族の為の努力」
だし、この努力をしないのは余りにも勿体ないと断言する。


最短で宅地建物取引士の資格を取得したい方は此方を → 宅建試験に独学でサクッと合格するツボ式学習法 宅建最短合格音声講座
page top