将来性,稼げる,職業

宅地建物取引士とは

<宅地建物取引士とは>

 

まず、宅地建物取引士という資格は宅地建物取引業を開業営む上で絶対必要不可欠な資格です。

 

宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格
宅地又は建物の売買、交換又は賃借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な
宅地又は建物の流通に資するよう公正かつ誠実に法に定める事務を行う、不動産取引法務
の専門家である。
試験実施団体、国土交通省、及び業界団体は略称として主に「宅建士」を使用している。

 

(宅建士の主な業務内容)
■重要事項説明書への記名・押印
  宅建士は、重要事項説明書に記載されている内容に誤りがないかを確認すると共に、
  上記における重説に対して責任の所在を明らかにする為、また文書の改鼠防止・文書 
  の原本性確保の為に記名・押印する。
  宅建業者は契約が成立するまでの間に、取引の各当事者に対して、宅建士をして、
  (宅建士)の記名・押印がある書面を交付して説明をさせなければならない。

 

■契約内容記載書への記名・押印
  不動産の取引をする上で、契約書を作成するということには次のような目的と効果
  がある。
1.契約条件の整理
2.契約内容の確認
3.権利義務の明確による取引の円滑化
4.紛争の防止
5.証拠としての機能

 

 

 

  5の証拠としての機能は、特に重要なものです。
  万一紛争が発生しても、契約書があれば裁判上立証することは容易で特約などの
  条件も、口頭でしたものは裁判所は合意に至ってないと認定します。

 

と、こんな感じです。
チョッと堅苦しい感じになってしまいましたが宅建士の試験に合格するころには、
極当たり前の事で意識しなくても頭に刷り込まれています。


最短で宅地建物取引士の資格を取得したい方は此方を → 宅建試験に独学でサクッと合格するツボ式学習法 宅建最短合格音声講座
page top