将来性,稼げる,職業

再販物件(賃貸物件)のリフォームのコツ

宅地建物取引士の資格を取得したもののリフォームに関わる建築知識の事などさっぱり解らん。


物件を仕入れたけれど何をどうしたらいいものか と。 あるあるですね

 

基本的には信頼できるリフォーム業者に依頼すれば綺麗にリフォームをしてくれます。
自分の気になった箇所を指摘すれば最良の工法で修繕してくれます。
業者のリフォーム工事見積りの留意点は追ってご説明いたします。

 

 

築浅の物件(築2年〜築10年位の中古住宅)でしたら設備関係は交換する程でもないので比較的安価で収まります。
一般的には内装クロスの張替、和室畳の表替え、障子襖の張替、ハウスクリーニング等でかなり綺麗になります。
床フローリング等にキズがあった場合の対処法は専門の補修屋さんがおります。。価格的にはちょっと高めですが判らない位に修繕してくれますので
フローリングの張替よりも遥かに安価で修繕することができます。

 

なので築浅物件の場合は誰でもリフォームで悩むことは無いでしょう。
但し、予期しない欠陥には気をつけましょう、築浅でも稀に雨漏りヶ所があったりしますので注意は必要です。
(台風等で瓦がずれていてとか、何かの原因で屋根材が破損していたりとか、雨漏りの原因がある場合があります。

 

 

 

築10年〜築20年の物件ですと以前居住されていた方の居住環境や家族構成で物件の良し悪しが大きく変わってきます。
豆に掃除や定期的なリフォームをされていた居住者で丁寧にお住まいになっていたのであれば築浅物件と同じ修繕で住みますが、
小さなお子さんが居たり、家内でペットを飼われていた物件では到る所に修繕が必要な個所が見つかります。
住み方によってシステムキッチンを交換するかクリーニングで治めるか判別が分かれてきます。
ガスコンロや給湯器などは住器の寿命がきていますので交換が望ましいです。

 

 

築20年〜築30年位の物件になりますと水廻りの住器備品は先ず殆んど交換工事が必要になります。
ユニットバス、システムキッチン、トイレの便器、洗面台、給湯器などは交換しないと余程物件の価格が安くない限りは売れません。
この位の築年数になってくるとシロアリ被害や雨漏り被害も珍しくなく修繕費用が結構掛かります。
また、目に見えない瑕疵もありますので専門家でないと見抜けない修繕箇所が隠れています。

 

 

築30年超の物件は、ある程度経験を積まないと物件の良し悪しは判別できないので最初の内は避けてください。
業者が売主の場合は物件の引渡し日から2年間は瑕疵担保責任を負いますので、2年以内に雨漏りやシロアリ被害が発見された場合は
売主である業者が修繕する義務を負ってしまいます。
雨漏り修繕は、場合によっては修繕では治まらず、屋根の葺き替えを余儀なくされる場合さえありますので注意が必要です。

 

 

 リスク回避の方法: 既存住宅瑕疵保険に加入する。

 

 

 国土交通大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人がいくつかありますので保険に加入することをお勧め致します。

 

 

          (売主である宅建業者が被保険者となる保険)
          保健機関は2年間又は5年間
          保険金額は500万円又は1000万円(保健期間5年間の場合は1000万円のみ)
          免責金額10万円

 

          (保険の対象となる部分)
          構造
          防水(雨漏り)
          給排水管路(特約)

 

 

          保険料は床面積によって異なりますがおおよそ保険料が5万円くらいで
          検査料が2万5千円くらいで特約を付けても10万円以内に収まります。

 

既存住宅瑕疵保険に加入しておけば万一雨漏りが発生し瑕疵が発見されたとしても安心です。
保険に加入するのは宅建業者であれば今や常識です。

最短で宅地建物取引士の資格を取得したい方は此方を → 宅建試験に独学でサクッと合格するツボ式学習法 宅建最短合格音声講座
page top