将来性,稼げる,職業

宅建士の資格を取得したら その1

 

宅建士の資格を取得したら、次は宅地建物取引業の免許を取得しなければなりません。
免許の新規申請はそれ程難しいものではありませし宅建士資格を取った方であれば難なく
こなせるはずです。
免許申請には大臣免許と知事免許がありますが、宅地建物取引業を開業する事務所所在地の1営業所であれば開業所在地の都道府県知事免許です。
1人不動産屋をやるのですから当然知事免許です。

 

新規申請は難しくはありませんが、難関はあります。
一つには法務局に営業保証金1000万円を供託しなければなりません。
但し、この方法を取る方は稀ですし私もこの方法で営業保証金を納めた方は今までに
1人しか知りません。

 

それよりも   

 

 ウサギマークの全日本不動産協会
ハトマークの宅地建物取引業協会

 

 

のどちらかに加入すれば営業保証金1000万円の供託はしなくても大丈夫です。
しかしながら協会に加入するのに加入金やら保証分担金等で200万円前後の
費用は掛かります。分担金はもし廃業した時には返金になる性質のものですので
預け金ですから、150万円位は経費として掛かります。
(全日本不動産協会の方が若干安い様です)
この資金は、何が何でも作らなければなりません。
貯金があれば貯金を崩す、貯金がなければ親の脛を齧る他ありません。

 

 

また、協会の面接等はあるかもしれませんがよっぽどの事がない限り、協会に加入
出来ない事はありません。寧ろ協会の幹部は親切で面倒見のいい方達ばかりです。


最短で宅地建物取引士の資格を取得したい方は此方を → 宅建試験に独学でサクッと合格するツボ式学習法 宅建最短合格音声講座
page top